薔薇サプリで女性ホルモンバランスを整える|気分もリフレッシュ

夫婦

つらい症状を治療する

漢方薬

症状の特徴と治療法

更年期障害は、体内のホルモンバランスが崩れて様々な不調を引き起こす病気です。一般的に体のほてりや大量の汗が吹き出るのが特徴です。気温に関係なく冷え性や寒気が出る場合もあるのです。また、精神的に落ち込んだり、イライラしやすくなったりすることもあるでしょう。更年期は40代から50代の女性の方に多い傾向でもあります。この年齢は女性の場合、閉経の時期となり、ホルモンバランスが崩れやすくなるでしょう。ホルモンバランスが乱れると、体内のエストロゲンという物質が減少してきます。この物質の減少により様々な病気が出やすくなる傾向です。更年期の治療では、定期的に薬を服用するのが一般的です。その中でも漢方は、体に負担がかからない治療方法として注目されていることでしょう。

薬の服用での注意点

更年期の治療のうち、服薬で漢方を使うと、体に負担をかけずに治療ができるものとなっています。なぜなら、漢方は自然由来の生薬を主原料としており、化学物質の使用が少ないからです。また、更年期は一度に複数の症状が出る場合があり、西洋医学では対応しきれない場面も多いです。漢方はそれぞれの症状に効く生薬を予め調合した状態で出されるので、複数の症状を同時に抑えることができるのです。漢方は基本的に副作用はでない薬ですが間違った飲み方をすると副作用が出る場合があります。例えば、サプリメントと同時に服用すると、成分同士がケンカしあい、体調不良などになる場合があるのです。また、飲み忘れたという理由で一度に2回分を服用することも良くないです。しっかりと決められた量、時間に飲むようにしましょう。